納豆健康法!

健康・美容

納豆健康法!

健康好き好き大集合!!
今回は、あのネバネバ食材、「納豆健康法ー!」を紹介します。

納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。

あ~納豆食べたい!! 健康で何でも食べれる人は、その幸せな事に気付いてちょんまげクエックエーーー!!

健康に関するボヤキ・ボヤキー・ボヤッキーになっちゃうよね!だって食べられないモン!

【大食い】納豆2.5kgだよ!それを食べれば47.5kgの人は50.0kgになちゃうよ!ユウカちゃん大丈夫?

かわいい顔して4167kcal!!あなた何故太らない?なぜなぜなぜーーー!

【納豆すごい】!さーーーなぜでしょうーか?

納豆の健康効果は凄い!さーーなぜでしょうーか?見てのお楽しみー!!

アンチエイジングに!

挑戦してみてください。成功するかなーーー?頑張ってみよー!おーー!!

血液凝固因子を作るのに不可欠なビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富であり、現在でも上質なタンパク質源とも言える。食物繊維は100グラム中に4.9 - 7.6グラムと豊富に含まれる[6]。食物繊維はオリゴ糖等と共にプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分であり、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。納豆には殺菌作用が認められ、O157を抗菌することがわかっている[7]。抗生物質のない昔は、赤痢、チフスなどの伝染病に対し、納豆が一種の薬として使われていた。病原性大腸菌あるいはサルモネラ菌に対する抗菌作用も立証されている[8][9][10]。納豆に含まれるジピコリン酸は、抗菌作用を有し、溶連菌、ビブリオ、O-157などへの強い抗菌効果が認められている。納豆湿質量100gに対し20mg前後のジピコリン酸が含まれている

納豆にオクラ!ネバ、ネバ、ネバー!

調子良くなりそうです!ブロロロロロロロローーーー!

朝ごはん 作ってみたよ…

日本男子はこれでなきゃダメですたい!!!

大好きな納豆×チーズ×卵😊💕

いつも形は、悪いけど・・・味はいいよーーーと!

納豆には血栓を溶かす酵素が含まれており[12]、納豆から単離したナットウキナーゼを経口投与したイヌで血栓の溶解が観察されたという報告がある[13]。
納豆に含まれるビタミンK2は骨タンパク質の働きや骨形成を促進することから、ビタミンK2を多く含む納豆が、特定保健用食品として許可されている[14][15]。また、ポリグルタミン酸にはカルシウムの吸収促進効果があるため、納豆から抽出されたポリグルタミン酸が特定保健用食品として許可されている[16]。納豆菌の一部には、安定した芽胞のまま腸内まで生きて到達してビフィズス菌を増やし腸内環境を正常化する効果があることから、そのような効果を持つ納豆が特定保健用食品として認可されている

納豆健康法だねぇー♪

貴重な晴れ間!洗濯しなきゃ‼︎体力バリバリついちゃうよ!

納豆健康法!

1日1パック食べましょう!私も食べてるよーー!うまい!!

あれでしょ? 納豆健康法でしょ?あんれまーわかってたの?

平安中期の『新猿楽記』の中で「精進物、春、塩辛納豆」とあるのが初見で、この『猿楽記』がベストセラーになったことにより、納豆という記され方が広まったとされる。 また、納豆は精進料理として主に禅寺の納所(なっしょ、寺院の倉庫)で作られた食品で、これが名前の由来という説が『本朝食鑑』(1697年刊)という書物に載っている[3]。納所に勤めていた僧侶が納豆造りをしていたので、納所の字をとって「納豆」になったという。 ただし、『本朝食鑑』では、禅の伝来以前に『新猿楽記』に名があることから寺社起源説には疑問符をつけている[4]。
「本来は豆を腐らせた(発酵させた)ものが豆腐、型に納めたものが納豆だったが、両者が取り違えられた」と名称の由来が語られることがあるが、これは誤った「俗説」である。納豆が日本独自の言葉であるのに対し、豆腐は中国から伝来した食品であり中国でも豆腐と呼ばれており、取り違えられることはあり得ない。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ