ヨーグルト健康法!

健康・美容

ヨーグルト健康法!

健康好き大集合!!

「ヨーグルト」私も毎日とまではいかないですが、食しています。

一口にヨーグルトといっても、色んな種類がありますが、自分に合ったヨーグルトを見つけるのが一番かな~と思います。

ちなみに私がいつも食してるのはじゃじゃーん「飲むヨーグルト」です。
美味しいですよねー!

皆さんはどんなのがお好きですか?

ヨーグルトダイエット!

いつたべるの・・・

ヨーグルト健康法教えます!

一年で10キロ!!!

ヨーグルトは本当に健康食品?

意外な落とし穴!

大場久美子式美活ライフ!

ヨーグルト&クーガーダンス!

【ホットヨーグルト】

目茶目茶良い!

ヨーグルト(トルコ語: yoğurt)は、乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつ。ヨーグルトにたまる上澄み液は乳清、英語ではホエイ、またはホエーという。 乳原料を搾乳し利用する動物は専用のウシ(乳牛)だけでなく、水牛、山羊、羊、馬 、ラクダなどの乳分泌量が比較的多く、搾乳が行いやすい温和な草食動物が利用される。

腹痛には、あの薬!?

善玉菌パワーUP!!」

ヨグ健おっさん!

血糖値に良い!

1位はあつべつヨーグルト!

朝飲むヨーグルト健康法!

リスクと戦う乳酸菌!

明治プロビオヨーグルト!

画期的だけど面倒くさいヨーグルト健康法!

販のヨーグルト12種類を選んで・・・

効果[編集]
乳酸菌は通常、腸内細菌として棲息しているが、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内定着することはできない。ただし、その代謝物などが腸内のウェルシュ菌( Clostridium )などを減少させ、Bifidobactorium などの在来乳酸菌を増殖させるという整腸作用をもつ。結果として、腸内細菌叢中のウェルシュ菌などの比率の低下と産生される物質を減少させ、腸管免疫系を活性化させるとされている[3]。
「免疫力を高める」「アレルギーが治る」などの宣伝文句が使われるが、ヒトを対象にした臨床試験では支持する結果が得られていない[4]。
乳中の水溶性ビタミンは乳源動物の血中濃度にほぼ依存し変化する[5]が、牛乳にビタミンCがほとんど含まれていないのは、ウシなどの動物は自らビタミンCを合成できるので摂取する必要がないためである。乳酸菌は発酵の際にビタミンCも生成し、発酵前の生乳等のビタミンCよりも濃度が高くなる[6]。このため、ヨーグルトには若干のビタミンCが含まれている。また、肉の繊維を分解する効果があり、一晩程度漬け込むことによって肉が非常に柔らかくなる[要出典]。
ヨーグルトが形成される過程で、乳酸菌の働きによりラクトースの一部がグルコースとガラクトースに分解されるため、乳糖不耐症の牛乳を飲むと下痢をしてしまう人がヨーグルトと共に牛乳を飲んだ場合、牛乳だけよりも症状が軽減される[7]との研究がある。

基本的な作り方[編集]
単体で種菌を入手し、牛乳と混ぜることで作ることもできるが、市販されているプレーン・ヨーグルトに含まれる乳酸菌を使って作ることもできる。したがって、おいしいヨーグルトを種として取っておき、それを使うこともできる。ただし、雑菌の混入を完全に阻止出来ない一般家庭において植え継ぎ(残ったヨーグルトを続けて種菌として使用し続ける)を行った場合、環境中に常在している乳酸菌が混入し増殖するほか、乳酸菌以外の雑菌として大腸菌( Escherichia coli ) , Klebsiella aerogenes , Citrobacter freundii なども増殖する可能性がある[8]が、雑菌の混入は外見からは判断できないとする見解がある[8]。
基本的な作り方は以下のとおりである。ヨーグルトメーカーを使うと作りやすい。
乳を沸騰させ、30度から45度程度(菌種によって異なる)に冷えるのを待つ。
種菌またはヨーグルトを小量混ぜる。
30度から45度程度(菌種によって異なる)で一晩置く(暖かい地方では単に放置する)。65℃の温度で23秒間加熱すれば乳酸菌を殺菌できることが知られている[9]ため、乳が高温すぎると乳酸発酵が行われない。
ブルガリアでは伝統的なヨーグルトはセイヨウサンシュユなどの葉の朝露にいる乳酸菌から作られているが[1][10]、日本にもあるサンシュユの木の枝を使ってもヨーグルト状のものを作ることができる[11](ただし、安全かは不明[10])。
近代的な製法では、温度調整済と殺菌済み原料乳と副原料(脱脂粉乳やバターなど)に培養した種菌(乳酸菌スターター)を加え、40℃から45℃の環境下に一定時間置くことで生産される[1]。プレーンヨーグルトでは一定の状態に達した物を、冷却により発酵を停止しさせ容器への充填を行う。あるいは、加熱殺菌を行い加糖ヨーグルトや果実加工品、低カロリー甘味料などを添加した製品が生産される。なお、種菌(菌株)の組合せ、発酵温度、発酵時間、酸素濃度などの調整により異なった特徴を与えることが可能である[1]。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

>